ざっくりわかる!保育園の種類

保活のハウツー

保育園申込みでは、わからないことがたくさんありますよね。

特に保育園の種類については、認可、認可外、認証など、
聞き馴染みのない用語が多く、
ネット検索で調べても、結局どういう種類の保育園があって、
それぞれどんな特徴があるのかがいまいちよくわかないですよね。

ただ、これが分かっていない状態で保活に挑むのは、
過去問を解かずに受験するようなもので、適切な戦略を練ることができなくなります。

そこで今回は、認可保育園に子どもを通わせているワーママ2人が
保活の時に調べた情報を元に、保育園の種類とその特徴、
どの種類の園がおすすめなのかなどについて紹介します。

保育園の種類

 
会社員・かおり
今回は東京都の品川区の保育園申込資料を元に
保育園の種類をまとめました。

前提として、保育園のクラス分けは、その年の4/1時点の子どもの年齢が
0歳であれば0歳児クラスという分け方。

 
会社員・かおり
自治体によって
もうちょっと細かい分け方があったりするから、
上の表はあくまで参考程度にな。
 
 
看護師・みさき
まぁうちの自治体もこんな感じ。
 
会社員・かおり

まず、認可か認可外かの2種類に分かれてて、
利用申請は、
認可の場合は自治体に申し込み
認可外は各園に直接申し込みやで。

認可の中に「認可園」と「小規模・家庭保育事業」って言うんがあって、
認可外の中に「認証保育所」と「その他認可外保育施設」があるで。
それぞれ詳しく説明していくよー

認可園とは

認可園とは、国の運営指針や基準に沿って運営されている保育園のことです。
「保育園」と聞くと、皆さんが一番初めに思いつく形態です。
0歳〜小学校入園前までのこどもを預かり、全体で50〜100人程度の規模が多いです。
 
会社員・かおり
小規模認可っていう種類の園があってな。
子どもの人数は0〜5歳児全部で各5〜6人ずつでトータル30〜40人弱の園なんよな。
ちなみに、かおりの息子は小規模認可に通ってるで。
※次に紹介する「小規模保育」とは別やで。名前が似てるからわかりにくいよな。
 

小規模・家庭保育事業とは

<小規模保育>

 
会社員・かおり
0−2歳児まで預かれて、3歳児になったら転園が必要やで。
 
看護師・みさき
2歳児クラスになったらまた保活が必要になるんやな。
 
会社員・かおり
うちの自治体では、2歳児クラスになったら、
役所の担当者から「入園できる園の候補が何箇所あります」って連絡が来るらしい。
その園の中で入園したい順番をつけて希望表みたいなのを提出した後、
利用調整で点数の高い人から希望の園に入れるっていう流れになるんやってー

東京都渋谷区在住の知り合いに聞いた情報では、
渋谷区の場合は、小規模保育園に入園した時点で、3歳以降から通う園が決まってるんやって。
自治体によって違うみたいやな。

 

<家庭的保育>

 
会社員・かおり
0−2歳児までの子どもを3−5名程度預かる所で、
自宅で保育する所が多いで。
自治体や施設ごとに結構違うみたいやな。

<事業所内保育所>

 
会社員・かおり
企業で働いている子どもを預かる保育園やで。
その地域の子ども用に枠を設けている所があって、
預かる人数や子どもの年齢は施設ごとに違うで。

認証保育所とは

国の基準とは別に、自治体で保育園運営の基準を設けていて、
その基準に則って運営している園のことです。
職員の配置人数や施設の広さなど、
自治体の基準は一般的に国の基準よりは緩和されています。

保育運営のハードルを下げて、保育園の数を増やしたい意図が伺えますね。

ちなみに東京都では「認証」という呼び方ですが、
自治体によって呼び方が変わります。
横浜市では横浜保育室、川崎市では認定保育園など。

モンテッソーリ教育や運動など、園独自の保育スタイルを実現したいため、
あえて認可園にせずに認証園として運営している園も稀にあります。

その他認可外保育施設とは

上記のどれにも当てはまらない保育園です。

 
看護師・みさき
園独自に運営されているので、保護者の就労の有無は関係なく、
預かり時間についても、認可園より融通が利くことが多いです。
自治体にもよりますが、保育費などの補助がなかったり、
法的な基準を満たしていないこともあります。

運営者のおすすめ保育園

①小規模認可
<おすすめポイント>職員の配置人数が認可園と比べて多いから、職員の目が行き届きやすい

②小規模保育
<おすすめポイント>利用調整の点数が低くても入りやすい

 
会社員・かおり
正直、運営しとる法人によって園の雰囲気って変わってくるから、
認可園だからOK、その他認可外だからダメ
っていう訳でもないよなー。
 
看護師・みさき
園の運営が安全かどうかは、見学してみんとわからんしな。
 
会社員・かおり
まあ、それを大前提とした上で、狙い目やと思っとる保育園の種類は、
①小規模認可園 ②小規模保育やと思うんよな。
 
看護師・みさき
なんで?
 
会社員・かおり
①小規模認可は
職員の配置人数が認可園と比べても多いから、
職員の目が行き届きやすいと思う。
息子の園は、0〜5歳児まで1クラスこどもが5人ずつで、
担任の保育士が各クラス1人(0歳児は2人)やから、
認可園と比べるとだいぶ多いんよな。

※認可園の職員配置基準

 
看護師・みさき
ほんで②小規模保育は、なんでオススメなん?
 
会社員・かおり
ズバリ利用調整の点数が低くても入りやすいとこ。

自治体の窓口に電話したら、
前年の利用調整の時のボーダー(点数が何点の人たちが、入園できたorできなかったの境目にいたのか)を教えてくれるんやけど、

両親ともフルタイムで働いてなくても、入れる点数がボーダーだったんー。
年によっては、両親どちらかが働いてなくても入れた時もあったんよー
※ボーダーの点数(指数)を自治体のHP上で公開している場合もある。

 

 
看護師・みさき
ほれって結構すごいん?
うちの地区は認可園でも定員割れしとるところがあるけん、よおわからん。
 
会社員・かおり
激戦区では、めっちゃすごいことなんやで!
うちの地区は、役所の窓口で担当の人から
「毎年入園できない人がかなり多いので…」って何回も釘刺されたもん。
 
看護師・みさき
けど、②小規模保育って3歳になったらまた保活が必要なんやろ?
 
会社員・かおり
そこは確かにネックなんよなー。
まぁ2−3年猶予もらえたら、利用調整の点数上げるためになんか対策考えようかな、
ぐらいな感じで考えとった。
※東京都渋谷区のように、小規模園に入園した段階で
 3歳児から通う保育園が決まっている場合もあります。
 
看護師・みさき
まぁ、3歳児クラスは幼稚園に行く子もおるけん、
0〜2歳児と比べると入園倍率が低い園も多いよな。
 
会社員・かおり
小規模認可とか小規模保育は、認知度が低いからか、
初めから見学すらせんって人もおると思うんー
けど、実際見てみたら運営がしっかりしている園が多かったから、
そういう園も見学してみたら選択肢が広がるよー

まとめ

・保育園の種類は大きく分けて認可と認可外がある。


・入園申し込みは、認可は自治体窓口に。認可外は各保育園に。

・認可の中に認可園や小規模保育などがあって、認可外の中に認証保育所などがある。

・認可は安心、認可外はダメなど、運営形態で入園を決めない。必ず見学すること。

・特に激戦区の場合、「小規模認可園」と「小規模保育」が狙い目。

上述のように、保育園には認可園以外にも色々種類があって、
認可だから安心、認可外だからダメ、と単純に分けられるものでもありません。
入園申し込みの前に必ず園の見学をすることをお勧めします。

また、自治体によって種類や呼び方が少しずつ違っているので、
ご自身の自治体の入園申し込み書類などをご確認ください。

保育園見学については、こちらの記事で詳しく解説しています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.mamachannel.net/point/]

コメント

タイトルとURLをコピーしました