1次利用調整に落ちたらやるべきこと

利用調整は、
大学受験の前期試験・後期試験のように、
1次利用調整2次利用調整があります。

認可の保育園の4月入園の定員は、
ほとんど1次利用調整で決まるのですが、
その時に保育園に内定しなかった場合、
「どうしようか…」と焦る方が多いと思います。
そんな中でも、粛々とやるべきことを進めていかなくてはなりません。

今回は、1時利用調整で内定しなかった場合にやるべきことについて紹介します。

スポンサーリンク

1次利用調整と2次利用調整の違い

1次利用調整で定員の枠が埋まらなかったり、
辞退者が出た場合に

2次利用調整で各保育園に振り分けられます。

だいたい1月下旬〜2月上旬頃に、
一次利用調整の結果発表があり、
2月下旬〜3月初め頃に2次の結果発表、
というスケジュールの自治体が多いです。

保活激戦区の場合は、
次で定員の枠がほとんど埋まっているので、
2次の枠はゼロの保育園も多い
です。
なので、1次で内定にならなかった方は、
すごく焦る方も多いようです。

でも、一次で落選しても、できることはまだまだあるので、
次の項目でその点について詳しく紹介していきます。

1次利用調整に落ちたらやるべきこと

1次の利用調整で内定にならなかった時に、やることは大きく分けて2つあります。

①2次利用調整の準備
②認可外保育園に問い合わせ・申し込み

スポンサーリンク

2次利用調整の準備

2次利用調整の方法は、自治体によって違います!
1次で内定しなかった人が
自動的に2次に進む場合と、
改めて申請が必要な場合があります。
入園申し込みの書類を確認するか、
自治体の担当窓口に確認しましょう。

認可外保育園に問い合わせ・申し込み

また認可外の保育園への申し込み方法や時期は、
保育園ごとに違って
います。

すでに募集を締め切っていることもあれば、
利用調整の結果がわかってから
申し込みを受け付ける場合もあり
ます。

また、用意する書類も保育園ごとに違うので、
見学の時にもらった資料を確認するか、
わからなければ保育園に聞きましょう。

認可外保育園の場合は、認可の保育園に決まった人が辞退したり、
申し込むのをやめることも多いので、
見学した時に聞いていた入園倍率よりもグッと下がっていることがあります。
なので、二次利用調整に並行して準備を進めていきましょう。

スポンサーリンク

4月入園が決まらなかった場合

激戦区の場合、年度途中の入園は非常に難しいですが、
引っ越しや転園などで稀に枠が空くことがあります。
なので、4月で入園できなかった場合には、
この枠が空くのを待つ方も多いです。

認可の保育園の場合には、
自治体で毎月利用調整が実施されて、

空いた枠に割り振られていきます。

この場合、自治体ごとに必要な書類が違っていて、
書類や手続きが不要で、4月に入園できなかった人は
自動的に5月以降の利用調整に進むパターンもあれば、
新たに申し込み書類を提出しないといけないパターンがあるので、
自治体のHPや担当窓口で確認しましょう。

認可外の保育園については、
保育園ごとに違う
のですが、
運営者の自宅近くの園だと、入園意思がある旨を電話で伝えておいたり、
簡単な申込用紙を提出しておいたりして、
定員に空きが出れば連絡をもらえるという流れの園が多かったです。

 

まとめ

1次利用調整で内定できなかった時にやること

・2次利用調整の準備をする(不要な場合もあり)

・認可外の保育園に問い合わせ・申込

・4月以降に空きが出るのを待つ

1次利用調整で内定にならなくても、
2次利用調整や認可外の保育園に申し込むなど、
できることはたくさんあります。
さらに、保活激戦区の場合は非常に難しいですが、
年度途中の入園を目指すのも可能性ゼロではありません。

一次で内定にならないと、落ち込んだり焦ったり、いろいろと気に病んでしまいますが、
今できることを粛々と進めていきましょう。

最新情報をチェックしよう!